専業主婦キャッシング

専業主婦は収入0円だから融資が受けられないって本当?

総量規制の制度が導入されてから、専業主婦がお金借りることは難しくなってきています。
専業主婦は、例え配偶者が多くの収入を得ていても、専業主婦は、どこにも努めていない、つまり収入は0円とみなされるのです。
中には、総量規制の例外として配偶者に収入がある場合は、総量規制の対象外になるという記載もありますが、貸金業法の適用される消費者金融では例外を問わず、収入0円の方には融資をしない方針を取っているところが殆どです。

 

では、専業主婦の方でどうしても自分自身でカードローンを利用したい場合、自分の収入を証明できるようにするしかありません。
短期間であってもパートで働くのも一つの方法です。
又は、貸金業法が適用されない銀行のカードローンを利用する方法です。

 

 

信販系や消費者金融系のカードローンは利用できませんが、上記のような総量規制が適用されない銀行系のカードローンを利用するのも一つの手段です。
ただし、このローンの融資枠は30万〜50万位の大口融資とは行きません。
専業主婦で収入がない方でも、配偶者の同意と配偶者の年収証明があれば融資を受ける事が可能です。

 

結局相続相談の仕事をやめることに

 

私は仕事ができないことに悩んで一度転職をしました。初めて働いていた職場が本当に自分の能力に見合わない職場だったので、3か月で辞めることを決意しました。長く学んでいたらできる仕事ならやりますが、本当に人を選ぶ仕事でした。相続相談の仕事なんですが、自分がきちんと分からないのに人に教える技能はないと分かって、早々と辞めることを決めました。

 

転職をするために退職届を出すとスムーズに受理されました。おそらく相手側も私ができないと見抜いていたのでしょう。そして転職活動ですが、辞めてすぐに転職活動に動き出して最短の1か月程度で仕事が決まりました。これは家族がとても協力的だったのと、近くのハローワークに毎日のように通い詰めた結果です。このおかげで良い仕事を見つけることができ、比較的スムーズに転職を行えました。
今の仕事は医療事務です。前は医療事務のインストラクターでしたが、今は医療事務員をやっています。やはり私にはこちらが向いているようです。いくら給料が高くてもやはり人には向いている・向いていないがあるんだなというのが分かりました。一度痛い目を見て、学んだことも多いのでインストラクターの仕事をしたことは後悔はしていません。自分で自分の力量が分かれて良かったと思います。